小谷村ツアー
ホーム > 千国諏訪神社例祭見学付き、千国越えコース

/塩の道トレッキングツアー

千国諏訪神社例祭見学付き、千国越えコース

00001

コース番号 O-W-34 ツアー名称 千国諏訪神社例祭見学付き、千国越えコース
発着 現地発着 日数 0泊1日 日帰り
出発日 平成27年9月13日(日)
定員 20名 最少催行人員 4名
旅行代金 3,000円 旅行代金に含まれるもの ガイド料、保険代
持ち物 昼食はご持参ください
コース概要
特徴  糸魚川から松本城下まで約30里(120キロ)を結び、信州側で「糸魚川街道」、越後側で「松本街道」と呼ばれた千国街道は又の名を「塩の道」といわれています。  戦国時代、上杉謙信がこの道を経て、仇敵武田信玄に塩を送ったという「義塩」の有名な故事によるものです。  また、松本藩では他からの塩の移入を禁止し「北塩」といって糸魚川から千国街道経由のみ許可したため、日本海からは塩をはじめ海産物、信州からは麻やたばこを積んだ牛馬や歩荷(ぼっか)と呼ばれる人たちが盛んに行き来しました。この道がまさに「塩の道」と呼ばれるゆえんです。それは華やかな大名行列などの往来がない生活物資運搬のための経済路線、いわば汗のにじんだ庶民の道として明治の時代まで続きました。  現在、小谷には旧街道をたどる8つの整備された散策コースがあります。かつて5m余の豪雪や旧坂に難渋を極めた地蔵峠や大網峠、昔の街道の面影が色濃くただよう千国番所跡・牛方宿・親坂のコース、そして暴れ川の異名をとった姫川を避け、山腹を細々とつづく天神道や大峰峠など、それぞれ魅力あふれたコースです。昔の風情をたっぷり偲ばせてくれる石仏たちの姿や民俗にふれ、自然が豊かな「塩の道」をお楽しみください。 本コースでは千国越えコースを歩きます。

※雨天決行

写真
写真1
写真2
写真3
旅行日程
日次 スケジュール 食事 宿泊地
1 9:00 小谷村役場集合 (受付8:30〜)
小谷村役場からスタート地点へ送迎
12:00頃 昼食
13:00頃〜 千国諏訪神社例祭を見学
ゴール地点から小谷村役場へ送迎
15:00 解散予定
朝食:
昼食:
夕食:
このツアーは募集を終了しました。

こんなツアーもおすすめです

一般社団法人 小谷村観光連盟
長野県知事登録旅行業第2-526
〒399-9494長野県北安曇郡小谷村大字中小谷丙131
TEL:0261-82-2233 FAX:0261-82-2242